はじめてのグループディスカッション

スーツは戦闘服ということで眠たい中、緊張とスーツ補正でなんとか今を起きた状態で生活しておりますりっくんですこんにちは。
先ほど、始めてのグループディスカッションを終えたので、バイトまでの空き時間に適当に、やばくない程度に書いて行こうと思います何かこう。

普段通りだった

実際にやってみて、始まるまでそこそこ緊張していたのですがよく考えたら結構めんどくさく考えるわたくしなので、普段からこれに近い会話してることあるなぁと。それが理由でだいぶ普段通りになってしなってむしろしゃべり方やばいかもしれないw
ってことで、ああ、これならセミナーとかいかなくて良かったかもしれないと思いました。結果わかりませんが。

おわり。

社会人の魅力

ってなんですかね。自分はまだ学生なので(学生は社会人ではないというのも、字面だけとらえれば変な話だと思うなぁと思いますが)わからないんですけどね。
今は結構学生でもいろいろできるようになってきてるよね、IT系ばっかり考えてる私としてはそう思ってしまって。
んで、話を聞いてると、学生までは受動的って意見は意識高い就活生の中でも一般的らしい。結構自分から飛び込んで行く人って少ないようね、自分から興味があってゼミを選んで、自分がやりたいような研究を探すはずだけども。
そう感じるのはあくまでそれも与えられたもの(単位として)だからなのかなぁと。興味で(あとゆうしゅうなしどうしゃ)Webページだって作れるようになったし、稚拙ながらサービスとして公開してるものも作れたし、自宅サーバー動かせるようになったし、VPS便利すぎて泣きそうだしって事で、能動的に動くのは社会人だからじゃないだろうとか思ったんだけど、そこは重要な場所じゃないからスルーしてたけどね!!
そういう人は社会人になれば能動的に動けるのだろうか。あれ、アピールポイントだった?ここ?あと達成感はバイトで得られるものみたいな共通認識もあった。一瞬ついていけなかったんだけど多分をいうことらしい、辻褄があうから。なんていうか、面白い空間だった、また行きたいなああいうところ。あ、就活しないと。

ってことでiPadからの投稿でした。比較的ソフトウェアキーボードで早い速度出せるので、これでもそこそうてちゃうなぁ。写真とかはまた帰ったらサムネようにアップロードしよっと。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply